元主任さん、今は無職さん

会社を辞めた…今はただの30代無職男。アラサー無職男のブログ。

30代で転職5回…仕事とは何なのか?転職経験から考えてみた

f:id:mightymind11:20161223191458j:plain

人生の中で転職する機会なんてそうないと思います。私の場合は転職を繰り返して5社ほど就業経験があります。(アルバイト等含むともっとある)

 

30代で転職を5回してきて仕事について真剣に考えました。転職を繰り返してみてわかったことをまとめてみます。

仕事はどうやって生まれる?

そもそも仕事とはどうやって生まれると思いますか?人が悩んでいることや解決したいことに対して、価値を提供することにより仕事は生まれます。社会や世間から求められたことを形にしたものが結果として仕事となります。

 

社会から求めていることが仕事になり、お客様から期待されていることを提供することで報酬を得ることができます。

 

自分主体で仕事をするのではなく、社会から求められることに応えることが仕事になる。

自分に合った仕事という幻想

社会から求められたものが仕事であるなら、自分に合った仕事は世の中にあるのでしょうか?

 

仕事が自分に合わせてくれるということは決してありません。自分が仕事に柔軟に合わせていくことが求められる。

 

自分に合った仕事がどこかにあるはずだ・・・というものはもしかしたら幻想なのかもしれません。

起業すればいいのか?

起業すれば自分の好きな仕事ができる・・・ということも幻想である。先ほどいったようにお客様の悩みがあって、それに対してサービスや商品を提供できれば仕事はつくれる。

 

この場合も目線は自分ではなく、お客様の目線が必要。起業すれば好きな仕事ができるということでもないということ。

仕事は人を成長させてくれる

そういうと仕事がつまらないものになってしまう。これも捉え方ひとつだけれど仕事は自分を成長させてくれる機会であると思っています。

 

仕事で出会う人は圧倒的に自分とは価値観や考え方の違う人が多い。そういった人と意見を交わしたり考え方を共有することは、自分の枠を広げてくれる。先輩やお客様の仕事の取り組み方、姿勢を見ると学ぶことも多い。

気づきの多い仕事を選ぶと天職になる

www.kayac.com

参考になる記事があります。天職とは何だろう?と考えたこともあると思います。

非常にわかりやすい天職の考え方、「気づき」の多い仕事が天職であるという考え方。

 

「気づき」というのは人それぞれ違います。同じ仕事をしていても気づきの多い人、少ない人はいます。自分にとってたくさんの気づきが得られる仕事に就けているというのは幸せなことなのだと思います。

まとめ

30代で転職4回…仕事とは何なのか?転職経験から考えてみたについてまとめてみました。

 

定年という考え方はありますが、仕事は一生続けていくものだと個人的には思います。仕事を通じて社会とどのように関わっていくのか?常に考え続ける必要がある。

 

無職期間中に自分にとって仕事とは何なのか?真剣に考えてみる時間も必要かなーと思います。

広告