読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元主任さん、今は無職さん

会社を辞めた…今はただの30代無職男。アラサー無職男のブログ。

あなたにとって仕事とは何?無職になったから考えてみる

f:id:mightymind11:20161205184930j:plain

無職になったからこそ仕事について考える機会が増えました。社会や会社は特に自分がいなくてもまわる。世界は自分がいなくてもまわり続けます。

 

では自分はこの人生で何をするべきなんだろうか?人生の多くの時間を占めるものが仕事。私たちには勤労の義務があります。仕事はより便利に豊かになるために行うものだと思うので、嫌々続けることはないとも思います。

 

無職になったからこそ考えるべき仕事とは何?ということをまとめてみます。

あなたにとって仕事とは何?

あなたにとって仕事とはなんですか?この問いには様々な答えがあると思います。

 

お金のために働く人・・・家族を養うために働くという人。どれもその人がこれまで働いてきて感じてきたこと、そんな価値観から形成された仕事観。

 

どれが正しくてどれが間違っているということはありません。一人ひとりが仕事とは何なのか?働き方というものを考える時代であると思います。

 

個人的に考える仕事とは「幸せに豊かに生きるための営み」であると思います。

 

以前ニュース番組で今年は祝日が土日に重なり、年間の休日が少なくなっているということが取り上げられていました。あるサラリーマンにインタビューしており、その中でその人は「サラリーマンは休日のために働いている」というようなことを言っていました。

 

仕事がただの苦行になってしまっている・・・仕事をしてより便利に豊かになることを目指しているのにそう感じてしまう現代。心の在り方を見直す時期なのかなと思います。

まとめ

あなたにとって仕事とは何?という疑問からまとめてみました。

 

仕事は辛いこともあるけれど、仕事だからこそ学べることもあります。人は生きている限り仕事や生き方を考え続けていく必要があるのだと思います。

 

仕事観が人生に及ぼす影響は大きいと思う。ずっと嫌々仕事するのは本当に辛いことだと思う。仕事が嫌で無職になったのなら、まずどんな仕事をしていきたいのか考えてみるのも良いのかもしれません。

広告